FC2ブログ
プロフィール

勢一 守

Author:勢一 守
リンク欄に
ホームページアドレスを
載せています。
宜しければご覧ください。

工房所在地

752−0911
山口県 下関市
王司 神田 6−4−12

Tel
 090−5377−8701
E-mail
 seiichi_mamoru@jcom.home.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

勢一 守の雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青焼き鉄針作り
青焼きの鉄針の制作です。
中央の3針
クロノグラフ秒針・長針・短針
を制作しました。

永久秒針 と 分積算計針 は、金色に黒色塗装の塗装がされていた物の塗装を剥がし、
ニッケルメッキで銀色にした後、青色のセラミック電着塗装を行ったものです。



今回の作り方です。
まずは必要な穴を開けて、輪郭の参考線をケガキます。



線を参考に、
時計旋盤等に取り付けた切断砥石で削り取ります。
Minute Recording Jumper を作る時と同じです。



手ヤスリで輪郭と平面を削ります。
バローベの LAC や LEC シリーズが目も細かく小回りもききますので、とても使い易いです。
焼き入れされた部品の調整にも役立ちます。



磨いた後に青焼きを行い、
袴を制作・カシメ付けます。
現在は袴類はベリリウム銅を使用しています。

針と袴は一体成形にしない方が僕は良いと思います。
緩みのために確りと取り付けられずに接着剤で無理矢理固定された個体を、
数十年経ったヴィンテージで見る事が多いのですが、
そうなった際は袴の交換で容易に対応できます。
別の時計に付け替える際も、
袴を作り直しサイズを変更する事が可能です。



針の制作には、実体顕微鏡がとても役に立ちます。
キズミでは難しく、目も疲労し易いです。
機械整備や修理の際も実体顕微鏡を使用しますので、
倍率を変更できるズーム式のものはとても便利で キズミ は時計作業で使う事が無くなりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://seiichimamoru.blog.fc2.com/tb.php/51-71613c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。