プロフィール

勢一 守

Author:勢一 守
リンク欄に
ホームページアドレスを
載せています。
宜しければご覧ください。

工房所在地

752−0911
山口県 下関市
王司 神田 6−4−12

Tel
 090−5377−8701
E-mail
 seiichi_mamoru@jcom.home.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

勢一 守の雑記帳
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHEZARD Cal.115
珍しい機械の整備を。
CHEZARD Cal.115 を搭載したDOXAの時計で、
秒針が1秒運針になる機構を備えた機械です。

紫丸内のガンギ車の軸に取り付けられた星形の歯車が、
これに接するJumping Second Whipの上にあるピンに接触して、
黄丸の歯車の回転を規制します。
Jumper Wheelは伝え車を通して黄丸内の歯車に接触し、
Jumping Wheel Jumper の規制を受けた上で、
確りとした一秒運針に矯正されます。



chezard115_2.jpg

稼働はするが、秒針運びはフラフラとして、竜頭を引いた際の稼働停止が行えない状態でした。

稼働停止はBlocking Lever の単なる破損でしたので、交換を。
珍しい機械ですが、ヨーロッパではまだ流通している当時の部品もあります。

秒針のフラつきは、Jumping Wheel Jumper の一部破損と、設定違いが原因でした。
交換と画像の青丸内にある左右の偏心ピンで調整を行います。
中央は固定ネジです。

竜頭を押し込むとレバーが落ち込み、
赤丸の部分のJumping Wheel Jumperに接触する事で秒の運針が規制されます。
落ち込み幅は緑色の偏心ピンで調整します。

竜頭押し込みで規制している間も機械は稼働を続けます。
黄丸内の歯車の機能です。
4番車の軸にヒゲゼンマイのヒゲダマが固定され、
ヒゲゼンマイの外周はスリップアタッチメントとなっており、歯車の内径に接触しております。
そのため規制の間もゼンマイは滑り、稼働を妨げません。

稼働試験を行った所、
使われていたゼンマイが少し強過ぎて、
テンプが振り切り適切では無かったので一段弱いものに交換しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://seiichimamoru.blog.fc2.com/tb.php/50-fa100ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。