FC2ブログ
プロフィール

勢一 守

Author:勢一 守
リンク欄に
ホームページアドレスを
載せています。
宜しければご覧ください。

工房所在地

752−0911
山口県 下関市
王司 神田 6−4−12

Tel
 090−5377−8701
E-mail
 seiichi_mamoru@jcom.home.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

勢一 守の雑記帳
piguetの機械をnivadaのケースに載せました。その2
piguetのcal.K2120をnivadaのオールドストックSSケースに載せました。
文字盤の見返しリングはSUS317Lで製作して組み込み、
風防はご依頼者様の選択により、
今回はリング付き平薄型プラスチックのものを使用。
裏蓋は作り直して、平サファイアをパッキンで固定。
竜頭はイタリア製のものを装着。
機械の固定は、前回と同じように機械枠を製作して高さと径を合わせ、
ケース内側に2カ所スリットを入れ、クランプを使用して固定させました。


piguetcase2_2.jpg
piguetcase2_1.jpg
スポンサーサイト
ステライト製ケース作製に向けて。
ステライトでのケース製作に向けて、加工の試しを。
被研削材は ステライト6B鍛造丸棒。
三菱マテリアル製のビシライト6Bになります。
鍛造丸棒の製造は21は無く、6Bは在庫があるとのことで少し切り売りしてもらいました。
21は鋳造丸棒として取り寄せ中です。

先に6Bが届いたので、早速加工テストを行いました。
さすがに硬く、オーステナイトステンレスとは違う切削感触ですが、
タンタルに比べたら、ただ硬いだけといった印象です。
気になっていたネジ切りや、穴あけも手持ちの工具で可能だったので、
6Bでも製作も選択肢の1つになりました。
ただ、普通の精密ヤスリが殆ど通らないので、高硬度ヤスリを使う必要があり、
製作時間と工具のコストは確実にSUS312L等より多くかかるようです。

仕事以外の作業は、このステライト関係と指輪時計に費やしている所、
6Kの板材も置きっぱなしだから、
少しナイフも作りたいかなと少し思うこの頃です。

1日が36時間だったらいいのに…


金無垢のモジャモジャ
18KYG(5:5)無垢の塊からモジャモジャを作っていたら、
枠が出来ていましたので、
磨いた後にサファイアガラスをパッキンで嵌め込んで、
時計の裏蓋にしてみました。


SEIKO19型鉄道時計
SEIKO19型鉄道時計、大きい機械です。
シースルー仕様の裏蓋にする場合は41mm径位のガラスを使用すると丁度良いです。

今の所、ヨーロッパでは平型は45mmΦまでのサファイアガラスの汎用流通品があります。
ここ数年で、だんだんと揃いが増えていっております。

日本製のサファイアガラスなのですが、国内ではこのサイズまでの汎用品は確認できませんので、
ヨーロッパの材料店が独自に日本のサファイア加工会社に発注して、汎用交換品として流通しているようです。

昔の機械の部品も、ヨーロッパでは材料店で部品が入手できる事が多いです。
19SEIKOの天芯もまだ売られております。

廃番になったサイズもありますが、
現行のGenerale Ressorts社の各サイズの発条も販売されており、
替えの発条が手に入らない、という事もありません。

ヴィンテージ品の修理には、ヨーロッパの材料店を知っていると便利な事が多いです。


ミネルバ Ref.1335の裏蓋製作とテフロン製ガスケット
最近立て続いた、Minerva cal.13.20 クロノグラフの裏蓋制作。
人気がある機械です。

この機種は裏蓋のガスケットは元々は軟金属製のものが使用されていたようです。
プラスチック製ガスケットに交換された個体も見かける事があります。
どちらも現在は汎用交換品は見当たりません。
抜き型を製作して、テフロンシートを打ち抜きました。
溝有りのケースですので、コールドフローは気にならないと思います。

僕もこの壊れた機械と劣化した文字盤だけ持っておりますが、
リフォームはいつになる事か。