FC2ブログ
プロフィール

勢一 守

Author:勢一 守
リンク欄に
ホームページアドレスを
載せています。
宜しければご覧ください。

工房所在地

752−0911
山口県 下関市
王司 神田 6−4−12

Tel
 090−5377−8701
E-mail
 seiichi_mamoru@jcom.home.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

勢一 守の雑記帳
竜頭回りの作業とステライトのリング部品
ワンプッシュクロノ用の竜頭回りの作業依頼を受けました。
ロレックスのベビークロノとは珍しい…。

竜頭の付け替え依頼だったのですが、
白色(おそらくニッケル合金製の竜頭)を金ケースに取り付けたいとの事。
当初ついていたものは角張ったものでしたので、
デザインを合わしたいと思われたのだと思います。

巻き芯とプッシュバーの調整、
竜頭は無電解ニッケルメッキと電解金メッキ仕上げを。

あと部品の追加として、
オペレーションレバーに接触する部分は、硬度が必要で、
竜頭のプッシュバーは銅合金なので、早期に摩耗し、機能が悪くなりますので直接当ててはいけません。
通常は、鋼製のリングを挟み組み込みます。
今回は、前回の記事に書いたステライトNo.12でリングを作り挟みました。
耐食性が高く、耐摩耗性・硬度も高いので、この箇所にも適していると思います。



スポンサーサイト
天芯交換
錆と摩耗で折れそうでしたので、SUJ2のロッドを削り交換を。
焼入鋼をシェービングカットでスルスルと削ると気持ち良い。

SUJ2には不満は無いですが、
天芯と言えば、ステライト材はどうなのだろうか。
どの材種が向いているかはまだわかりませんが、
硬度で言えば、No.1
靭性を意識するなら、No.6やNo.12でしょうか。
ケースは生体部品にも使用される、No.21が向いていると思う。
そういえば、ドラマの下町ロケットでも(コバルトクロム合金)の名称で登場した金属ですね。

自分の時計で天芯・巻き芯交換が必要になった時、
試してみよう。

と、先ほど思った次第。



モバイルフレンドリー
グーグルさんにモバイルフレンドリーじゃ無いと言われ、
サーバーの移動も必要になったのでHTMLを組み直しました。
メディアクエリ面白いです。
時計の画像を並べたら、壁紙みたいなページが出来ました。
http://www.seiichi-mamoru.jpn.org/urabutasakuseirei.html
オメガやロンジンの機械を全種類集めて画像を取って、
タイルみたいに並べたら、インパクトのある画面になりそう?

最後にグーグルのテストにかけて、モバイルフレンドリーだと結果が出たので一安心。
IE8への対応はもういらないと信じたい。