FC2ブログ
プロフィール

勢一 守

Author:勢一 守
リンク欄に
ホームページアドレスを
載せています。
宜しければご覧ください。

工房所在地

752−0911
山口県 下関市
王司 神田 6−4−12

Tel
 090−5377−8701
E-mail
 seiichi_mamoru@jcom.home.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

勢一 守の雑記帳
金無垢版グラスバック裏蓋
金無垢裏蓋1 金無垢裏蓋2

あ~緊張した。

画像は先日あげたrolexと変わらないけど、
こっちは全部ちゃんと金無垢です。

オリジナルは縁を平のプラパッキンに押し付けて防水にする仕様みたいで、
パッキン溝に裏蓋が落ち込んでしまいますので、
現在のゴムパッキン使用で、落ち込みを一定にするために、
裏蓋径を大きくして制限をつけました。

やっぱりメッキより、
断然無垢のほうがいい!


キャスト製作でプラチナ時計とか作れる見込みがついたので、
将来的に挑戦してみよう。

と思う今日この頃。
スポンサーサイト
機械とメッキと金無垢
はじめは最近入手の昔の機械とか、

まずは TOUCHON 名の機械です。
トーション1 トーション2 トーション3

薄型で作りが良いけれど、
どんなメーカーなのだろう…
今もあるのかな?

これもケース制作の候補にしよう。
そうしよう。

受け石がデカイ!
これなら割れも少ないということかな?

そういえば、
ティファニーで同じ機械をみた気もする。


次は JACCARD 名義の懐中機械。
ジャッカード1 ジャッカード2

ポーセリン文字盤が良いカンジ。
ストックストック。


次は金メッキの試しとして、
厚金メッキという液を購入してみたから、
ちょうど良いのがあったので、
画像の時計の裏蓋のステンレスにニッケルメッキしてから、
其の液で金メッキをしてみた。
施した後、少し研磨剤で磨いたりしてみたけど、
それなりに持ちそうな感じでした。
これは使えるかな?
デイデイト1 デイデイト2 デイデイト3

天真折れの壊れた不動品という事で購入した時計だったけれど、
穴石が外れているだけだった。
良かった? が、
修理しそびれた。


裏蓋用ワックス

折角の金無垢時計だから、
相場が下がったらと思っていたけれど、
金無垢裏蓋の製作を試してみよう。

手持ちの板材も一緒に送って、
キャストの足しにしてもらって。
これだけ足せばそんなには…
と思っていたけれど、
持ち込みは不可!

収縮率がどの程度になるのか。
とりあえず5%で考えて、
厚めにワックス残してを削ったけれど、
まさかこれで足りないとかは…
色々とデータ収集が必要です。

旨く行けば、
シルバー材でたのんでみようかな。
学生のころ買った銀がまだ数キロ残ってるし。

どのくらいの状態でキャストが仕上がってくるのか、
来週は楽しみで不安な週になりそうです。

まあどうであってもどうにかはするけれど。
そういう仕事は学生の時よくやったから得意です。