プロフィール

勢一 守

Author:勢一 守
リンク欄に
ホームページアドレスを
載せています。
宜しければご覧ください。

工房所在地

752−0911
山口県 下関市
王司 神田 6−4−12

Tel
 090−5377−8701
E-mail
 seiichi_mamoru@jcom.home.ne.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

勢一 守の雑記帳
ケース作製方法の1つ
まずは丸棒をバンドソーで切断して、必要な厚みの素材を用意します。
今回は S31254にて。
旋盤で、
芯を通した内径(最終寸法ではありません)、
ラグ先端側面にあたる部分、
ラグ上面とベゼルにあたる部分を切削します。



ケース胴底面とラグ裏面にあたる部分を切削します。

casesakuseitotyuu2.jpg

方眼紙等で工具の座標やロータリーテーブルの回転角度を出した後(数値出しはPCで作業した方が楽です)、
フライス盤でエンドミルを使い、外径を切削します。
傾斜ロータリーテーブル等を使用して、
巻き芯通し穴、竜頭の座、ラグ穴を加工します。
ドリルのセンター加工には、イワタツールの超硬SPセンターが、2mmシャンクと細い物もあり、
取り回しが良いです。

casesakuseitotyuu3.jpg

旋盤でねじ切り等、内径を仕上げます。
エンドミルで切削できない、ラグ周辺の隅をヤスリで成形します。
バローベのヤスリが形状豊富で使い易いです。

casesakuseitotyuu4.jpg

ベゼルはホロータイプに修正しました。
研磨の際は、曲面に合うアテを製作し研磨紙で7000番くらいまで磨きます。
マタドールの耐水研磨紙がお勧めです。
バフで磨いて、竜頭管を取り付ければ、ケース胴は仕上がりです。

casesakuseitotyuu5.jpg
casesakuseitotyuu6.jpg
casesakuseitotyuu7.jpg
スポンサーサイト
P社のケース用、金無垢ベゼル製作
石をセッティングされたベゼルから、元に戻されたいとの事で製作を。
18KWG製です。

ケース胴に取り付ける部分、
接触面は同じですが、一般によくあるベゼルと比べて周辺の形状が違います。



pbezeruseisaku2.jpg

Patek 27-460Mの機械をnivadaのケースに載せました。
Patek 27-460Mの機械をNivadaのケースに載せました。
裏蓋が少し膨らんでいる印象もありますが、
Piguetのcal.K2120に続き、この機械でも使用はできるようです。

風防はこのケース付属のものを使い、
そのテンションリングは、見返し深さを合わせるために作り直しを。

巻き芯高さは、機械枠製作とケース内側の切削で合わせました。
裏蓋はいつもの通り、SUS317Lで製作。

カレンダーの早送り不良が現れるタイミングがある機械でしたが、
部品調整・分解掃除で解消しました。
竜頭内ガスケットの交換も行いましたので、ご使用も安心です。


nivadapatek27460m3.jpg
nivadapatek27460m2.jpg
nivadapatek27460m1.jpg
Valjoux cal.23 Chrono Runner受けと Blocking Lever の修理
Valjoux 23のクロノ秒車受けの穴石が割れている物が接着剤で固定されていたので、
挿入穴の調整と石交換を、
まずは石を外して、乱れている穴を真円に整えます。


径が大きかったので、洋白線を旋盤で加工して鍔付きブッシュを製作し内側から受けに挿入し、
そこに現在流通し入手できるSeitzの穴石の中から、ほぞ穴径の一致したものを圧入固定しました。
isikoukan2.jpg

クロノ秒車を規制するためのレバー上のピンが折れておりましたので、
ここも修理を。
このままだと、クロノリセット時も常に規制がかかったままになり、
歯を激しく摩耗させます。
まずは折れ残ったピンを除去。
rebaasyuuri1.jpg

ピンを裏から溶接して固定する事も可能でしたが、今回は昔からの方法で。
極少し段差をつけたSUJ2の鋼線を圧入、裏面側から頭をださせたピンは少しかしめて抜け辛いようにします。
rebaasyuuri2.jpg

針の蓄光塗料の入換、汚し仕上げ。
ヴィンテージクロノの長短針の蓄光塗料の入換を。
干支上の1~12時の状態に似た見た目を目標に、
水干絵具の淡口黄土を蓄光塗料に混ぜ、乾いてから、黒で少し汚しました。